検索連動型広告の歴史

杉原 剛  ×  佐藤 康夫

検索連動型広告がインターネット広告の代表手法の1つとなるまでに、どのように日本で立ちあがり、広がっていったのか。Google、Overture(現Yahoo!プロモーション広告)の日本の立ち上げから関わってきたアタラ合同会社の佐藤氏、杉原氏がその歴史を振り返ります。検索連動型広告をはじめ、運用型広告の重要性が高まる中、その過去を知り、未来のヒントをつかみましょう。
video
  このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitter

講座概要

講師情報

picture

杉原 剛

  • 2002年オーバーチュア株式会社(現ヤフー株式会社)にてセールス、オペレーションのマネージャーとしてリスティング広告「オーバーチュア スポンサードサーチ」のサービス立ち上げ、展開に関わる。 2007年グーグル株式会社に入社し、リスティング広告「Google AdWords」、YouTube広告の代理店戦略、広告主戦略を担当し、売上増加に貢献。 2009年アタラ合同会社を設立し(同社代表取締役CEOに就任)、デジタルマーケティングのための最先端テクノロジーを駆使したシステムの開発、ネット広告関連の各種コンサルティングを行う。

講師詳細ページへ

picture

佐藤 康夫

  • 2001年にグーグル株式会社に入社、日本オフィスのスタートアップ時の統率と、広告事業AdWordsの日本市場での導入、広告配信ネットワークであるAdSenseのルート開拓などをリード。その後、執行役員営業本部長として、YouTubeやモバイル広告の立ち上げに貢献し、2009年まで従事。大学卒業後、旭通信社を経て、1996年にデジタルガレージに入社。同社取締役インフォシーク事業部長を務め、1999年6月より株式会社インフォシーク ジェネラルマネジャー、2000年12月より同社取締役副社長を務める。

講師詳細ページへ

banner
チャプター
資料
メモ

1  イントロダクション 2m59s

2  黎明期 〜 Before AdWords 〜 12m11s

3  創世記 〜 After AdWords 〜 22m41s

4  検索連動型広告が変えたもの 10m06s


1日1つ、新しいマナビを