動画をご覧になるにはしてください。
RFM
2015/10/27更新
購買履歴を分析する際に利用される評価基準の一つ。
動画全文書き起こし
RFMとは顧客の購買履歴を分析する際利用される評価基準のことを言います。最終購入日を意味するRecency、購入頻度を意味するFrequency、購入額を意味するMonetary、3つの頭文字をとってRFMと呼ばれます。これによって購買意欲の違う顧客にそれぞれ効果的な販売や対応をすることができるようになります。
例えば、RFMそれぞれに点数をつけ合計点数の高い顧客を優良顧客とします。そしてその優良顧客を対象に特別優待券の配布などを行うことで、優良顧客との良好な関係を築くことができます。このような販促活動を行うための分析に利用される評価基準をRFMと言います。