動画をご覧になるにはしてください。
DSP
2015/10/27更新
DSPとは、Demand Side Platform の略で、インターネットなどのオンライン広告の管理や効果改善のために利用するツールのこと。
動画全文書き起こし
DSPとはDemand Side Platform の略で、オンライン広告の入稿、配信などの広告管理や配信結果のフィードバックをしてくれるツールのことです。
そもそもオンライン広告を配信するには、例えば、広告枠を取りまとめているアドネットワークで条件に合う広告枠を見つけて広告枠を購入すれば広告が配信出来る、という仕組みでした。しかし、複数のアドネットワーク、アドエクスチェンジが登場したことにより、これらを管理するには時間もコストもかかるようになってしまいました。
そこで、DSPを使えば、DSPに条件を設定するだけで、複数のアドネットワーク、アドエクスチェンジへの入稿、配信などの広告管理が出来るようになります。また、DSPは過去に配信した広告の成果から、配信条件を最適化してくれ、そのデータを利用者にもフィードバックしてくれるため、広告成果のPDCAを回すのにも役立ちます。DSPは広告管理だけでなく、広告成果を上げる手助けをしてくれるツールのことです。