動画をご覧になるにはしてください。
AIDMA
2015/10/27更新
AIDMAとは、顧客がどのように商品やサービスの購入の決意に至ったのかを、Attention、Interest、Disire、Memory、Actionの5つの行動段階にわけたもの。購買決定プロセスのモデル。
動画全文書き起こし
AIDMAとは、顧客が購買に至るまでを5つの段階でわけた、購買プロセスモデルのひとつです。
まず1文字目はAttentionのAです。顧客が最初に自社の商品などに注意を向けた段階のことを指します。
2文字目はInterestのIです。顧客が商品などに興味を持った段階のことを示します。
3文字目はDesireのDです。顧客が商品などをほしいと思う段階のことを指します。
4文字目はMemoryのMです。顧客が商品などの情報を記憶している段階のことを指します。
5文字目はActionのAです。顧客が実際に購買などの行動を起こす段階のことを言います。
以上の購買までの流れである、注意、興味、欲求、記憶、行動、それぞれの英単語の頭文字をとったものがAIDMAです。
このフレームに顧客の行動をあてはめてみると、漠然と「なぜ商品が売れないか」を考えるのではなく、顧客がなぜ注意を向けてくれないか、なぜ興味を持ってくれないのか、なぜ欲しがらないのか、なぜ覚えてもらえないか、そしてなぜ買ってくれないのかと、顧客の状態に応じたマーケティング戦略を考えやすくなります。
AIDMAはマーケティング戦略を考えるのに役立つ購買プロセスモデルの一つです。