動画をご覧になるにはしてください。
ターゲティング
2015/08/04更新
ターゲティングとは、消費者の嗜好や興味に合わせた広告を配信すること。
ユーザーが事前に登録した情報や、ユーザーの行動に基づいて配信を行うため、より効果的な広告宣伝が可能。
また、自社製品を市場に投入する際に、どの顧客層を標的にするかを決めること。
動画全文書き起こし
ターゲティングとは、自社の商品を売る、提供する際にどんな人に向けてサービスを提供するか決めることです。
ターゲティングをしないと、万人受けをする商品なんてそうそうありませんし、自社の商品に関心のない人のほうが多くなってしまうかもしれません。自社の商品に興味を持ってくれそうだな、という人に絞って宣伝や売り込みをした方が、購入する確率が高いですよね。具体的に、チョコレートを売ろうとするなら、甘いものを好きな人に向けて宣伝するといった方法をターゲティングといいます。
デジタルマーケティングでは、実際に何か特定の商品を購入した人や、特定のWebサイトを訪れた人に対して、広告などの情報を送ることができます。つまり、このターゲティングが、より精緻に出来るようになりました。
このデジタルデータを元に、サービスの広告を送ることをターゲティングと呼ぶこともありますが、広義の意味では、自社のサービスを提供する顧客を決めることをターゲティングといいます。