ヘッドショットマーケティング

網野 知博

“HeadShot Marketing(ヘッドショットマーケティグ)”とは「商品・サービスを本当に必要としている人」「商品・サービスを使うべき人」を見定めてアプローチするマーケティング手法です。本講座では現在のマーケティングの課題を踏まえた上で、Headshot Marketingの概念と戦略作りについて株式会社ギックス網野氏に解説して頂きました。
video
  このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitter

講座概要

  • 著者名
  • 時間1h3m55s
  • リリース日2013年10月24日

講師情報

picture

網野 知博

  • 慶應義塾大学理工学部卒業。株式会社SK(現SCSK株式会社)にて新規事業立案・立上げ、中長期戦略立案、M&Aなどを担当後、アクセンチュア株式会社 戦略グループに転職し、旅客業、消費財メーカー、ハイブランド、アパレル、小売業などに対し、新規事業の戦略立案、顧客戦略立案、マーケティング戦略立案(商品・サービス戦略、価格戦略、チャネル戦略、プロモーション戦略)、成長戦略立案など数多くのコンサルティングに従事。
    その後日本IBM株式会社にてBig DataやAnalyticsなどのサービスを提供する組織であるBAO(Business Analytics & Optimization)においてコンサルティング部門(BAO Strategy)の統括責任者を務める。定型データ・非定型データの分析を軸として、ソーシャルリスニングや顧客情報分析・顧客ターゲティング、マーケティング投資最適化など、主にマーケティング分野にて新規ソリューション立ち上げ・デリバリーに従事。
    同社退職後、「アナリティクスによる科学的・定量的な見える化と、戦略コンサルティングの肝であるシンセシスのケイパビリティをベースに、再現性のある効果創出を実行支援するサービス提供」を目指し株式会社ギックスを設立する。

講師詳細ページへ

banner
チャプター
資料
メモ

1日1つ、新しいマナビを