コンテンツマーケティング対談 Vol.1<株式会社リコー>

菱沼 大輔  ×  長田 真

コンテンツによりユーザとコミュニケーションをするマーケティング手法であるコンテンツ・マーケティング。その実践事例について伺う第一弾。今回はリコーの「西暦2036年を想像してみた」を手がけたリコー社の菱沼氏とインフォバーン社の長田氏にお話を伺いました。
video
  このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitter

講座概要

講師情報

picture

菱沼 大輔

  • 1999年株式会社リコーに入社。営業、商品企画、SI、新規事業開発などを経験したのち、2011年からWeb部門の仕事に従事。 Facebookページの運営やコンテンツマーケティング施策の展開、最新のアドテクノロジーの活用をしながら、最近ではグループ会社を含むWebサイトの再構築にも取り組む。 一般社団法人 企業研究会 Webマネジメントフォーラムの飲み会幹事。

講師詳細ページへ

picture

長田 真

  • 2004年株式会社インフォバーン入社。モノ情報誌『Cataloger(カタロガー)』副編集長を務めたのち、Webメディア「ギズモード・ジャパン」「ライフハッカー[日本版]」「Kotaku JAPAN」などを立ち上げ、プロデューサー・編集長を兼任。2012年以降は、メディアプロデューサー/コンテンツストラテジストとしてソリューション案件を担当している。

講師詳細ページへ

banner
チャプター
資料
メモ

1日1つ、新しいマナビを