ATS Tokyo 2014 Vol.6

Jay Stevens  ×  Denise Colella

ATS Tokyoとは、近年変化の激しい「プログラマテック・トレーディング(広告取引の自動化)」や「データドリブンな広告・マーケティング」に焦点を絞ったイベントです。 本セッションはRubicon Project社のJay Stevens氏とMaxifier社のDenise Colella氏による講演&対談パートになります。
※本動画は英語と日本語同時通訳の音声となります
video
  このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitter

講座概要

講師情報

picture

Jay Stevens

  • ジェイは15年以上のインタラクティブマーケティングと国際ビジネスの経験を生かして、ルビコン・プロジェクトの国際事業の拡大を主導。 ルビコン・プロジェクトのイギリス、フランス、イタリア、ドイツとオーストラリア支社をゼロから設立しました。 2009年5月のルビコン・プロジェクト入社前は、MySpace/Fox Interactive Media社のSVPを務めました。ジェイはMySpace米国外初の雇用で、欧州12ヵ国で同社の立ち上げと事業構築を主導しました。 2006年2月のMySpace入社前は、電子メールソフトウェアベンダーSilverpop社の国際事業部のディラクターを務め、新たにイギリス事業を設立しました。それ以前はRadical Communications社の設立メンバーおよびマーケティングディレクターとして、マーケティング業務を牽引。ジェイのインタラクティブメディアのキャリアは、1998年に Alexander Ogilvy Public Relations社のデジタルマーケティング部門でDoubleClickやRelevantKnowledgeのアカウントを担当したことがきっかけで始まりました。 ジェイはこれまでに、英イブニングスタンダード紙の「ロンドンで最も影響力のある1000人」、レボリューションマガジン誌の「イギリスのデジタルメディアで5番目に影響力のある人」、アドバタイジングエイジ誌の「インタラクティブ・マーケター・オブ・ザ・イヤートップ20」に選出されています。米国エモリー大学の歴史学科を卒業後、ジミ ー・カーター元大統領の広報担当も務めました。

講師詳細ページへ

picture

Denise Colella

  • Maxfier のプレジデントであるデニス・カレラは、グローバルでの事業展開、および収益における責任者です。 Maxifier 入社前には、AudienceScience 社で CRO を務め、米国、欧州およびアジアにおける同社の収益活動すべての指揮を執りました。それ以前には、Yahoo!傘下の企業 Right Media において国際業務担当副社長として、同社のアドエクスチェンジの国際的な拡張戦略の策定および実行を担当しました。また、マルチチャンネル・アナリティクス・プラットフォームのBlackfoot 社、および企業向けトランザクショナル・コーポラティブ・データベースの大手企業 Abacus そしてアジアの DoubleClick において上級職に就いていました。 日本語に堪能な、経験豊かな国際派であるデニス・カレラは、米国、アジアおよび欧州で仕事をしてきました。デニス・カレラは、ヴィラノーヴァ大学で商学、財政学および国際管理の学士号、メリーランド大学でコンピュータ・システム管理の修士号を取得しています。

講師詳細ページへ

banner
チャプター
資料
メモ

1日1つ、新しいマナビを